代表挨拶

      一灯照隅。
      小さくとも良い、一灯をともすことで自らの一隅を照らせ。
      この言葉に出会って、20年も経とうか。
      気が付けば現実に、交通信号機で一灯をともしている。
      元より、物理的な一灯をともせという話でないのは承知している。
      だが、交通信号機に係わり、点灯している灯器を見るたび、これが私の一灯照隅だと思える。
      出来得れば全社員の一灯を持ち寄り、地方の一隅を照らせるようになることが私の願いである。
      何があろうともかかわり続けること、こだわり続ける事。
      そして、様々な教えや気付きを与えてくれる出来事や、出会えた方々への感謝は尽きません。
      皆様への感謝とご多幸を祈念して。

                        代表取締役  矢野 宏